岩手県沿岸部のこどもたちへのちいさなちいさな支援活動

おばちゃんのきもちプロジェクト Studio*Rocco

READYFOR!に掲載されます

いつも「おばちゃんのきもち」の活動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

今年は自己資金の不足から寄付をお願いしてきた「おばちゃんのきもちクリスマス便」。

ハートフルバザールで「2014クリスマス便を応援してください」として寄付のお願いをしており、現在7名の方々から24口(1口1,000円)の応援をいただいています。
本当にありがとうございます。

 

それでもまだ資金が足りません。
先日お知らせしたとおり、広く周知していただくために明日より「READYFOR?」にも掲載をお願いすることになりました。

READYFOR?とは日本ではまだあまり馴染みのないクラウドファンディングという、インターネットを介して不特定多数の個人から資金(支援金)を集めるサービスです。
プロジェクトが掲げる目標額に応援が達すると寄付金が受け取れる仕組みになっています。

もし!クリスマス便で使い切れない額を応援したいただいた場合には、年明けすぐから準備を始める来春の「おめでとう便」の生地や文具の購入に活用させていただこうと思っています。

プロジェクトページの公開が日付が変わってからになるので今はまだ見られませんが・・・

https://readyfor.jp/projects/obakimo_2014xmas

ご自身のブログ、facebook、twitterなどで取り上げていただけると大きな後方支援になります。
どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

2014クリスマス便に関するお願い

いつも「おばちゃんのきもち」の活動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

22日に発生した長野県北部地震で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

山田町の船越保育園の園長先生からこんなメッセージをいただきました。

「ご家族の皆様、お元気にお過ごしのこと大変嬉しく思っています。
長野県でも地震がありました。
震災の時白馬村からも老夫婦で山田町に、織笠保育園(当時織笠保育園園長)にボランティアに来て下さいました。
電話を入れ無事の確認ができとりあえずホッとしているところです。
テレビの映像を見て、震災の時のことを思い出し、その度に全国の皆様のお顔が目に浮かびます。
感謝の気持ちと皆様が幸せでありますように願っています。」

 

各地で起きる悲しい災害のニュースを聞くたびに、何もできないことに無念を覚えます。
でも私たちにできることもある。
そう信じて、今できることに全力を注ごうと改めて思います。

(続きを読む…)

2014クリスマス便リクエスト数が確定しました

いつも「おばちゃんのきもち」の活動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

本日最後のリクエストが届き、今年のリクエストがすべて揃いました。
既に必要数を更新してあります。
詳しくは「被災地のこどもたちにクリスマスプレゼントを2014」の記事をご覧ください。

ご賛同いただける方は記事をお読みの上「クリスマス便:支援登録フォーム」よりご支援いただける具体的な数量をお申し出ください。
大変お手数ですが、数を把握するために必要ですのでご協力をお願いいたします。

また、お申し出期限は12月3日いっぱいとなっていますが、できるだけお早めにお申し出いただけると助かります。

(続きを読む…)

↑ページTOPへ