岩手県沿岸部のこどもたちへのちいさなちいさな支援活動

おばちゃんのきもちプロジェクト Studio*Rocco

「夏まつり便」についてのお願い

いつも「おばちゃんのきもちプロジェクト」にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

夏まつり便へのご準備をしてくださっていると思いますが、いくつかお願いとご留意いただきたいことをお知らせします。

 

【キャンディレイについて】

250個準備する予定だったのですが、わかば幼稚園分50個をとろりんさんがお引き受けくださることになりました。
(キャンディレイではなくお菓子セットになります。)

200個のキャンディレイのお預かりは

2回目 7月18日(月) ~ 7月20日(水)いっぱい

となり、1回目(1日~5日)のお預かり期間ではありませんのでご注意ください。

袋の入手が困難な方は袋のみお送りできますので、制作可能数と送り先を添えてフォームよりお問い合わせください。

 

【駄菓子のご購入支援について】

1回目、2回目のお預かり期間に約半数ずつお預かりできるのが理想です。
ご購入支援をお考えの方はどれくらいの量をご支援いただけるかコメントください。
大変申し訳ありませんが、その上で振り分けさせていただきたいと思います。
ご協力よろしくお願いいたします。

昨年好評だった駄菓子の「つめほうだい」他に活用させていただきます。

夏まつり便 おかしつめほうだい

 

【おもちゃのご購入支援について】

昨年大好評だった「おたますくい」「つかみどり」を今年も行いたいと思います。
「○○すくい」用などのちいさなおもちゃがたくさんあるとこどもたちがとても喜びますので、ご協力よろしくお願いいたします。

夏まつり便

また空気を入れるタイプのビニールのおもちゃが大人気で早々に売り切れてしまいました。

夏祭り便 わかば幼稚園 ディスプレイ

こちらも応援いただけると嬉しいです^^

 

【手作り品について】

バザー用に手作り品を募集していますが、「こんなのはどうでしょうか?」という個別のお問い合わせにはお答えしかねます。
そのような疑問はこの記事のコメントに投稿してください。
個別対応が増えますと活動に支障が出てしまう場合がありますので、ご協力よろしくお願いいたします。

「バザー向きではない」と判断した場合でも保育園で使っていただいたり、仮設住宅に持ち込んだりして活用しています。
あまり細かく気になさらず(用途はお任せいただくことになりますが)ご自慢の作品をお送りくださいね^^

また、陸前高田向けにエコバッグ、コップ~薬入れになる程度の小さな巾着、アームカバーを募集します。
上記品目についてはバザー品としてお預かりし、こちらで振り分けさせていただきますことをご了承ください。
こちらは1回目、2回目ともにお預かりしますので、可能な方はご協力よろしくお願いいたします。

 

以上、楽しいおまつりのため、引き続きよろしくお願いいたします!

 

 

書いたひと:Rocco 2016年6月18日 23:23 | Comments (3)

【夏まつり便】バザー品ご提供などのお願い

いつも「おばちゃんのきもちプロジェクト」にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

遅くなってしまいましたが「夏まつり便」へのご協力のお願いをさせていただきますね。
今年で5回目となる「夏まつり便」は、今年も山田町の2園に2便に分けて運行します^^

 

第33便は7月8日発、9日の夕方から山田町わかば幼稚園の「ゆうすずみかい」に参加させていただく予定です。
続けて第34便は7月22日発、7月23日に行われる山田町第二保育所「夏まつり」に参加させていただきます。
昨年は2回に分けてお預かりしていましたが、今年は間隔が短いため1回となりますのでご注意ください。
(駄菓子、キャンディレイは34便前にもお預かりさせていただきます。)

田野畑村たのはた児童館、山田町大沢保育園にもバザー品の提供を行う予定ですので、たくさんの応援をお願いしますね!
(多く集まるようでしたら、仮設住宅への提供、遺児支援にも活用させていただきます。)

 

【ご提供品のお預かり期間】

7月1日(金) ~ 7月5日(火)いっぱい
(2回目 7月18日(月) ~ 7月20日(水)いっぱい)

時間指定が可能な場合は、午後12時~14時指定でお願いします。
郵便やメール便でお送りくださる場合は、受け入れ期間を大体の目安としてお早目にお送りください。
ネットショップから直送される場合も、上記期限内に日時指定してください。

上記期間は「夏まつり便」へのご提供品のみお預かりします。
通常品(ごっこ便含む)は6月27日(月)~6月30日(木)にお送りください。
通常品と夏まつり便両方にご支援くださる方は、通常品お預かり期間に同梱してお送りください。
大変申し訳ありませんが、ご協力よろしくお願いいたします。

 

【募集するもの】

  • バザーご提供品
    手作りの布製品
    手作りのクラフト製品
    (バザーで10円~300円程度で販売します。かさばらないものに限ります)

  • おもちゃ(ご購入支援)
    駄菓子屋さんでみかけるような、男の子が喜びそうなもの^^
    30円~100円程度のものが2~30個ずつ揃うと嬉しいです。
  • 駄菓子(ご購入支援)
    10円~50円程度のものが2~30個ずつ揃うと嬉しいです。
    額面通りではなく、袋に詰め放題など楽しめる形で販売したいと考えています。

  • キャンディレイ
    今年は2園合わせて250個必要です。
    詳しい仕様はこちらをご覧ください。

 

【バザー用手作り品について】

手作り品は10円~300円程度で売れるようなものをお願いします。
(マスクやハンカチ、ティッシュケースや巾着、ポーチ、女の子のヘアゴムやシュシュ・カチューシャなどなど)
ちいさなお子さんからご高齢の方までが集まるおまつりですので、デザイン・柄などいろいろあると嬉しいです^^
個装はまとめてしますので凝ったラッピングは不要ですが、セット品や小さなアクセサリーなどはまとめていただけると助かります。
パッと見て使い方がわかりにくいようなものは、ひとつずつに簡単なメモを添えてください。
ご協力いただける方は品目と数量をコメントしてください。(おおまかで結構です。)

 

【スタンプラリーについて】

園児や近隣のこどもたちに楽しんでもらうため、今年もスタンプラリーを行います。
景品となるキャンディレイを2園合計で最低250個用意したいと思いますので、制作可能な方は数量をコメントくださいね!
また花火のときに楽しい光る棒(サイリウム)も募集します。
100円ショップなどで3~5本入りで売っている、腕輪になるタイプが希望です。
こちらも最低250本必要ですので、いくつかでもご用意いただける方はコメントお願いします。

 

【ご購入支援のおもちゃ・駄菓子について】

ネットショップでのご購入をご検討くださる方は園への直送はしないでください。
(ものによっては個別に直送をお願いする場合があります。)
この品目に限り(仕分けの必要がなく、なるべく新しいものが良いので)出発当日までお預かり可能です。

 

【バザー収益金について】

バザーの収益金はすべて岩手県山田町第二保育所、山田町わかば幼稚園の両園に寄贈させていただきます。
会計報告は後日ブログ上でさせていただきます。

 

【ご支援品に関するお願いとご注意】

  • すべて新品か未使用品とします。
  • 「夏まつり便」としてお預かりする品目は上記でご案内したもののみに限らせていただきます。
    ご不明な場合はこの記事のコメント欄からお問合わせください。

 

【おことわり】

  • 上記に反するものをお送りいただいた場合は、大変申し訳ございませんが被災地には贈らず処分させていただく場合がございます。
  • 物品購入にかかる費用、お送りいただく配送費はご支援くださる方のご負担となります。ご了承ください。
  • お電話でのお問合わせはご遠慮ください。(コメントをご利用くださいね)
  • 寄付金の同梱は大変嬉しい気持ちはありますが、固くお断りいたします。
    (もしお手間でなければ代わりにメッセージを入れてください。励みになります!)

 

 

【ご支援品送付先】

〒299-3267
千葉県大網白里市清名幸谷67-1
オフィス小枝
0475-72-1699

 

 

書いたひと:Rocco 2016年6月6日 23:16 | Comments (3)

5月のお預かりについてとバザー出品のお願い

いつも「おばちゃんのきもちプロジェクト」にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

今年の夏まつり便は、現在のところ山田町わかば幼稚園と同山田第二保育所の2園にバザー出店の予定です。
その他大沢保育園、たのはた児童館にも贈る予定です。(出店ではなく品物だけを送ります。)
募集内容は・・・

  • 手作りの布製品(バザーで10円~300円程度で販売します)
  • 手作りのクラフト製品(バザーで10円~300円程度で販売します。かさばらないものに限ります)
  • キャンディレイ(スタンプラリーの景品とします)
  • 駄菓子(市販品のご購入をお願いします)
  • おもちゃ(市販品のご購入をお願いします。駄菓子屋さんでみかけるような男の子が喜びそうなもの)

キャンディレイは2園合わせて最低250個用意したいと思います。
手作り品は園児が喜ぶもの、小中学生向け、園児の保護者向け、ご高齢者向けと幅広く募集します。
その他は余剰があれば遺児支援などにもお役立ていただけるので、たくさん応援いただければ嬉しいです^^
尚、不用品のお預かりはしませんのでご了承ください。

お預かり期間は7月上旬頃を予定していますが、詳しくは6月初旬にお知らせしますのでチェックしてくださいね。
(今年のお預かりは駄菓子など食品を除き1回のみの予定です。ご注意ください。)
今年も楽しい夏まつりのためご尽力いただければ幸いです。

 

続いて5月のお預かりについてお知らせします。

 【5月のお預かり期間】

5月27日(金) ~ 5月30日(月)いっぱい

時間指定が可能な場合は、午後12時~14時指定でお願いします。
「ごっこ便」を同梱される場合は、必ずこちらから事前エントリーしてください。
郵便やメール便でお送りくださる場合は、受け入れ期間を大体の目安としてお早目にお送りください。

 

【募集するもの】

  • バースデー便用手作りハンカチ
    仕様などについてはこちらの記事をご参照ください。
  • バースデー便用ネームタグ
    仕様などについてはこちらの記事をご参照ください。

  • ガーゼマスク
  • ごっこ便」で募集しているもの
  • 手芸材料や道具
    特にクラフトバンドや手芸キットは需要があります。
    はぎれやフェルトやボタン、ファスナー、ひも、針、糸など何でも役立ちます。

 

【ご支援品に関するお願いとご注意】

  • すべて新品か未使用品とします。
  • 支援品の品目は上記でご案内したもののみに限らせていただきます。
    ご不明な場合、数量がまとまるものをご支援いただける場合はこの記事のコメント欄からお問合わせください。

 

【おことわり】

  • 上記に反するものをお送りいただいた場合は、大変申し訳ございませんが被災地には贈らず処分させていただく場合がございます。
  • 物品購入にかかる費用、お送りいただく配送費はご支援くださる方のご負担となります。ご了承ください。
  • お電話でのお問合わせはご遠慮ください。(コメントをご利用くださいね)
  • 寄付金の同梱は大変嬉しい気持ちはありますが、固くお断りいたします。
    (もしお手間でなければ代わりにメッセージを入れてください。励みになります!)

 

【ご支援品贈り先】

岩手県内保育園、幼稚園、仮設住宅など各所(支援品の量や内容によって振り分けます。)

 

【ご支援品送付先】

〒299-3267
千葉県大網白里市清名幸谷67-1
オフィス小枝
0475-72-1699

 

 

書いたひと:Rocco 2016年5月13日 18:36 | Comments (4)

アームカバー発送のご報告

いつも「おばちゃんのきもちプロジェクト」にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

昨日陸前高田のあいちゃんに向けてアームカバーを発送しましたのでご報告いたします。

陸前高田のあいちゃんへ アームカバー

陸前高田のあいちゃんへ アームカバー

陸前高田のあいちゃんへ アームカバー

今までも何度かアームカバーを贈りとても喜んでいただいてきましたが、今回は今まで以上にたくさんの応援をいただくことができ275双を贈ることができました。
たくさんのお母さんたちが草取りや炊事などの際に使ってくださることと思います。

震災から5年以上経った今もこうして寄り添い続けてくださることに感謝いたします。
新たにご参加くださった方が何名もいらしたことも併せてご報告しておきますね^^

 

5月のお預かりは5月26日~31日を予定しています。

今年度も継続するバースデー便用のネームタグが不足していますので、応援よろしくお願いいたします。
ネームタグの仕様はこちらの記事をご覧ください。

バースデー便用にガーゼハンカチをご準備くださっている方、ガーゼマスクを作ってくださっている方は引き続きお預かりします。
必要な園に贈るほか、遺児支援、バザー出品、次回おめでとう便など用途はお任せいただくことになりますのでご了承ください。

 

明日は暑くなりそうですね。
水分補給をしっかりして、残りの連休を楽しくお過ごしください^^

 

 

書いたひと:Rocco 2016年5月6日 20:28 | Comments (2)

今私たちにできること

4月14日以降に発生した「熊本地震」において被害に遭われた方々に
心よりお見舞い申し上げます。


いつも「おばちゃんのきもちプロジェクト」にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

「おばちゃんのきもち」は東日本大震災で被災された方を応援する立場に変わりはありませんが、相次ぐ自然災害について心を痛めることが多々あります。
でもこの度の未曾有の震災では「おばきも」としてできることは現在思いつかないのが正直なところです。

そこで個人的にできることをまとめてみましたのでご覧ください。

⇒ 「熊本地震:今私たちにできること」

 

今なお収束をみないこの状況が1日も早く終わることを願います。

 

今月のあいちゃん便のアームカバー、通常品のお預かりは通常通り行います。
そちらへの応援もどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

書いたひと:Rocco 2016年4月19日 22:25 | Comments (2)

おめでとう便入園編ご報告2

いつも「おばちゃんのきもちプロジェクト」にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

遅くなりましたが入園編お届けのご報告をさせていただきますね。

 

3月31日朝に出発したおばちゃんのきもち第32便「おめでとう便」は、ご支援くださったみなさまのお陰をもちまして無事完了しました。

本便は初めて久慈を経由するルートで沿岸部に入ってみました。

おばちゃんのきもちプロジェクト支援先

おばちゃんのきもちプロジェクト支援先マップ

地図では上の方から下ってきた感じになります。

 

31日朝出発した私たちが田野畑村に着いたのは17時少し前。
たのはた児童館では先生方が職員室に全員揃っていらしたので、めったにできない記念撮影を^^

おめでとう便 たのはた児童館で

入園祝いをお届けして、今後についていろいろ伺いました。

1日目のお届けは以上です。

 

2日目はずっと南に下って宮古市の赤前保育園からスタートしました。
赤前保育園には入園祝いの他学童の家で使っていただけるように、文具をお届けしました。

保育園の母体である社会福祉法人慈愛会では、赤前保育園のほかさくらんぼ分園、花輪・津軽石・赤前の3つの学童の家を運営されていますが、今年度から民営化された津軽石保育所も加わることになったそうです。

津軽石と言えば、私たちの活動が岩手県沿岸部に足を運ぶきっかけになった場所です。
ずっと気になっていたところだったので、園長先生に場所を伺って早速訪ねてみました。

宮古市 津軽石保育所

ぴかぴかの園舎は津軽石市街を見下ろすような小高い場所に建てられていました。
その日は年度初めで園児が少なかったのですが、これからここでたくさんのこどもたちが育って行くのでしょう。

予備として用意していた中から入園祝いをお渡しすることができました。
今後も応援したいと思います。

 

続いて山田町に向かい、大沢保育園、山田第二保育所、織笠保育園、船越保育園、大浦保育園にそれぞれ入園祝いをお届けしました。

山田町に限りませんが、訪れるたびに刻々と景色が変化しています。
通れる道がその都度変わっていて、地元の方でさえ道を間違うことがあると聞きました。
嵩上げ工事のため土埃もすごい状態です。
安全で安心な街づくりのために避けては通れない今の状況ですが、この景色が当たり前になってしまっているこどもたちのことを思うと心が痛みます。

この日は釜石市鵜住居保育園に入園祝いをお届けして終了しました。

 

3日目は釜石市内の仮設住宅を訪ねることからスタートしました。

釜石市小佐野生活応援センター

仮設住宅側の責任者の方にはお会いできませんでしたが、今回「卓球用品を」とお声かけくださりこの日わざわざご足労くださった内陸にお住まいのKさんに託すことができました。

写真は釜石市小佐野生活応援センターです。
ここの施設内で卓球ができるようになるそうです^^
(仮設住宅は撮影者のちょうど後ろ手に並んでいます。)

後日Kさんより無事お受取りいただけたと連絡をいただきました。
Kさん、ご家族のみなさま、ありがとうございました!

その後前日お届けできなかった大槌町大槌保育園に入園祝いをお届けしてから釜石市に戻ります。

遺児支援の前川先生宅に保育園セットや文具などをお届けしてから釜石を離れました。

最後は陸前高田市のあいちゃんに会いに^^
おめでとう便でサイズの合わない巾着やお弁当袋などの手作り品をいろいろお届けしました。

以上でおめでとう便のお届けをすべて終了しました。
今回もたくさんの方々のご支援を受けて、無事運行することができましたことを心から感謝いたします。

急ぎ足でのご報告になってしまいましたが、twitterをご覧いただくと少し細かい行程をご覧いただけます。

⇒ twitter

行く先々で「5年たった今でも続けてくださって嬉しい」と感謝の言葉をいただきました。
これからもできる限り続けて行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

 

あいちゃんは、(ご結婚される前から)ご自身が被災されながら被災者のためにご尽力されていました。
ご夫婦で陸前高田に戻ってからはまた窓口になってくださっています。

先日の記事でもお願いしましたが、再度。

【アームカバー募集について】

陸前高田市のお母さんたちへ、今年もアームカバーを贈りたいと思います。

できるだけたくさんの方に行き渡るように、たくさんの応援をお願いします!

お預かりは4月25日(月)~4月28日(木)

エントリーは不要ですが、コメントいただけると嬉しいです^^

【ご支援品送付先】

〒299-3267
千葉県大網白里市清名幸谷67-1
オフィス小枝
TEL 0475-72-1699

 

引き続きのご支援よろしくお願いいたします。

 

 

書いたひと:Rocco 2016年4月13日 23:47 | Comments (3)

2016年度活動予定と今後について

いつも「おばちゃんのきもち」の活動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

春のおめでとう便ではたくさんの方々にご賛同いただき、129名の卒園児と280名の入園児に文具や手作りバッグなどのお祝い品をお届けすることができました。
この度も多くの応援をありがとうございました!

本来ですと入園編のご報告をするところですが、急ぎの募集などがありますので、先に今後の予定をご案内させていただくことにします。

 

【2016年度活動予定について】

本年度も大きな柱は

  • 夏まつり便(7月運行)
  • クリスマス便(12月運行)
  • おめでとう便(3月運行)

と通年のおめでとう便、ごっこ便となります。

年間の流れを一覧にしたページを用意しましたのでご覧ください。
大まかな予定を把握いただけると思います。

⇒ 2016年度活動予定

 

【アームカバー募集について】

陸前高田市のお母さんたちへ、今年もアームカバーを贈りたいと思います。

できるだけたくさんの方に行き渡るように、たくさんの応援をお願いします!
(画像のようなタイプでなくてもOKです。)

お預かりは4月25日(月)~4月28日(木)

エントリーは不要ですが、コメントいただけると嬉しいです^^

あいちゃん便 アームカバー

あいちゃん便 アームカバー

 

【夏まつり便について】

今年も山田町わかば幼稚園、同山田第二保育所へのバザー出店と、田野畑村たのはた児童館、山田町大沢保育園へのバザー品提供を予定しています。

募集品目は手作り品(布もの、アクセサリーなど)、駄菓子、おもちゃ(○○すくい、ビニールの剣などが人気です)に限定します。
いずれも10円~300円程度で販売しますので豪華すぎるものや嵩張るものは避けてくださいね^^

詳しい募集記事は5月下旬~6月初旬に掲載、お預かりは6月下旬~となりますが、今から心がけて制作していただけると助かります。

 

【ネットバザーについて】

活動資金の捻出のため、ネットバザーを企画中です。
まだ企画段階ですので決まり次第お知らせしますが、こちらにもご出品いただけると嬉しいです^^
(内容はまったく未定ですのでお問い合わせにはお応えできません。)

 

以上です。
次回はおめでとう便入園編のご報告を必ず^^

では、今年度もどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

書いたひと:Rocco 2016年4月5日 22:31 | Comments (6)

おめでとう便入園編ご報告1

いつも「おばちゃんのきもちプロジェクト」にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

入園編の仕分けがすべて終わり、明朝の出発を待つばかりとなりました。
たくさんのご支援のおかげで予定数を大きく上回る用意ができました。
ずっと寄り添い続けてくださっている方々はもちろん、新たにご賛同くださる方も多く感激しています。
本当にありがとうございました!

 

まずは本便の予定です。

1日目
・たのはた児童館に入園祝いお届け

2日目
・赤前保育園に入園祝いと学童向け文具お届け
・織笠保育園に入園祝いお届け
・大沢保育園に入園祝いお届け
・船越保育園に入園祝いお届け
・山田第二保育所に入園祝いお届け
・大槌保育園に入園祝いお届け
・鵜住居保育園に入園祝いお届け

3日目
・遺児支援前川先生に保育園セット、文具などお届け
・釜石市仮設住宅に卓球洋品お届け
・陸前高田市あいちゃんに袋物などお届け

となっています。
twitterで随時ご報告して行きますのでチェックしてみてくださいね^^

 

みなさんからお送りいただいた品々のご紹介です。

おめでとう便入園編 男の子セット

おめでとう便入園編 鵜住居セット内容

鵜住居セットは・・・
着替え入れ、コップ袋2枚、プラコップ、カードをレッスンバッグに入れました。
男女とも45人分です。

おめでとう便入園編 コップたくさん

おめでとう便入園編 コップたくさん

男児用129個、女児用124個をお送りいただきました。

おめでとう便入園編 タオルたくさん

おめでとう便入園編 タオルたくさん

男児用120枚、女児用118枚をお送りいただきました。

おめでとう便入園編 バッグたくさん

おめでとう便入園編 バッグたくさん

男児用116枚、女児用127枚をお送りいただきました。

おめでとう便入園編 クレパスなど

おめでとう便入園編 クレパスなど

クレヨン・クレパス82個、おりがみ27個、おえかきちょう29冊をお送りいただきました。

おめでとう便入園編 男の子セット仕分け中

おめでとう便入園編 男の子セット仕分け中

男児向けは予備分、遺児さん向け分合わせて140セット用意できました。

おめでとう便入園編 女の子セット仕分け中

おめでとう便入園編 女の子セット仕分け中

女児向けも予備分、遺児さん向け分合わせて140セット用意できました。

 

お陰さまでリクエスト数以上のセットを持ち込めることになりました。
かわいらしい色柄がたくさんで、仕分け係の私たちもウキウキするような時間を過ごさせていただきましたよ^^
おめでとう便はお届けだけでこどもたちと直接ふれあう機会はほとんどありませんが、笑顔がいっぱい広がるといいなと思います。

では、みなさんのきもちを載せて行ってきますね。
最後まで応援よろしくお願いします!

 

 

書いたひと:Rocco 2016年3月30日 23:03 | Comments (6)

おめでとう便についてのお知らせとお願い

いつも「おばちゃんのきもちプロジェクト」にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

早速ですが、現在エントリーを募集しております「おめでとう便入園編」について、お知らせと最後のお願いをさせていただきますね。

 

【お知らせ】
「おめでとう便入園編」は3月31日朝発に決まりました。
今回は初めて久慈経由で沿岸に入り、田野畑村からお届けを開始する予定です。
1日、2日まで滞在し全8園と仮設住宅などを訪問します。
春休みに入るので長女(小5)も同行させていただきます^^

 

【お願い1】
既に37名の方が手作り品やご購入品をエントリーくださっています。
ありがとうございます!

袋物はできるだけセットにしたいと考えていますが、園によって組み合わせを変えることにより「なんとかなるかな」という数字をいただけています。

特にあと少し応援いただきたいのが・・・

  • プラコップ
  • ループつきタオル

の2点。
共に男児向けのものが不足していますので、ゆとりのある方はぜひよろしくお願いします。

 

【お願い2】
不足分の購入の必要がありますので、できるだけお早目のエントリーをお願いします。
エントリーフォームは28日いっぱいで閉じさせていただきます。

 

【お願い3】
釜石市の仮設住宅で入居者の体力づくりのため卓球台を寄贈されたのですが、ネット、ラケット、球がありません。
ネットと球は我が家の四男が卓球部なので部にお願いしたところ寄贈していただけることになりました。
が、ラケットが不足しています。
卓球用のラケット1本から募集しますので、応援いただける方は数量をコメントしてください。
全部で10本ほどと考えています。
中古で構いませんので、おめでとう便と同時期の24日~29日の間にお送りください。
4月2日に仮設住宅を訪問しお届けする予定です。

 

あとひといき!
ご協力よろしくお願いいたします!

 

【ご支援品送付先】

〒299-3267
千葉県大網白里市清名幸谷67-1
オフィス小枝
TEL 0475-72-1699

 

 

書いたひと:Rocco 2016年3月23日 14:59 | Comment (1)

ご報告と明日のこと

いつも「おばちゃんのきもちプロジェクト」にご理解とご協力をいただきありがとうございます。

過日応援のお願いをさせていただいた釜石東中野球部への応援は、数日の募集期間にも関わらず7名の方がハートフルバザールを通じてお気持ちをお寄せくださいました。

そのご報告記事を書きましたのでぜひお読みください。

⇒ 釜石東中野球部応援のお礼と会計報告

 

また、現在「おめでとう便」入園編へのエントリーを受付中です。
ご購入支援、手作り支援ともにたくさんの方々のお力が必要です。
引き続きのご協力をよろしくお願いいたします。

⇒ こどもたちに「おめでとう便」2016入園編

 

明日で震災からちょうど5年となります。
私たちの活動も4月で5年を迎えます。
これまで本当に多くの方が被災地のこどもたちに気持ちを寄せ、その気持ちを形にして託してくださいました。
振り返ってみると感謝の言葉以外思いつきません。

5年というとひとつの区切りのように感じますが、私たちが線を引いてはいけないのではないかと思います。

5年だからと言って厳しい状況が変わらないひとがたくさんいます。
前を向いて歩けているひとも嵩上げのための土埃の中で暮らしています。
正常ではない景色の中でこどもたちが育っています。

ですから私たちの活動も変わらず続きます。
これからも粛々と続けていければと思っています。

できることで力を貸してください。

そして明日は誰かのために祈ってください。

東北方面を向けなくても、手を合わせられなくても、仕事の手を止められなくても、心の中で祈りましょう。

普通の生活の中でいいと思うんです。
日常の暮らしの中でほんの一瞬でも被災地を思ってください。

遠く離れた私たちにできることをしてみましょう。

 

 

書いたひと:Rocco 2016年3月10日 23:18 | Comment (1)

↑ページTOPへ