岩手県沿岸部のこどもたちへのちいさなちいさな支援活動

おばちゃんのきもちプロジェクト Studio*Rocco

釜石東中学野球部を全国大会に行かせてあげたい!

釜石東中学野球部が全国大会に出場するための応援をお願いします。

皆さまからのご支援により目標金額の170万円が集まり、3月の全国大会に出場できることになりました。
たくさんの方々のご協力に心から感謝いたします。
ありがとうございました!(2016年1月15日)


釜石市立釜石東中学校は釜石市鵜住居町にあります。
鵜住居町は釜石市内でもっとも大きな被害があった地域です。
あの日の津波は3階建ての校舎の上を越えました。
中学生は隣接する鵜住居小学校の児童や、途中で合流した鵜住居保育園の園児の手を引き避難したのです。

震災後11か月の釜石東中学校

他の地域では多くの犠牲を出したにもかかわらず、防災教育を実践したこどもたちの機転とがんばりで、ひとりの被害も出さなかった「釜石の奇跡」。

当時小学生だったこどもたちが今中学生になり、まだ校舎も完成せず仮設校舎への通学が余儀なくされる不自由な中で大きな快挙を成し遂げました。
釜石東中学野球部は今年3月に行われる文部科学大臣杯「第7回全日本少年春季軟式野球大会」に出場します!

釜石東中学野球部



でもここで大きな問題が発生しました。
静岡県で行われる全国大会に行くには170万円という多額の資金が必要なのです。
こどもたちを応援したい地元の大人たちは方々を訪ね回り寄付を募りました。

釜石東中学野球部父母の会からのお願い

そして集まった金額は80万円。
決して少ない額ではありませんが、これではこどもたちを全国大会に行かせてあげることができません。

「これ以上どこを回ったらいいんだ!?」

と、途方にくれたとき、私たちのことを思い出してくださったそうです。

私たちの目標は90万円。
やはり決して少ない額ではない大きな目標です。
だから少しでも多くの方に助けていただきたいのです。

奇跡のこどもたちに力を貸してください。
よろしくお願いいたします!

岩手日報 釜石東中野球部の活躍を伝える記事

 

応援の方法は下記のとおりです。終了しました。(2016年1月15日)

 

日本の法律上個人がクレジットカードでの寄付は承ることができません。
そのため「こどもたちからのお礼状」をご購入いただくという形になりますが、売上金は(決済手数料を除き)すべて被災地に寄贈させていただきます。

 

ご送金には銀行振込、クレジットカード、現金書留がご利用いただけます。

(2月29日まで)

  • ハートフルバザールのカートをご利用ください。
     
  • ショッピングカートのご利用が不慣れな方は直接gokamaishi@studiorocco.jpにメールください。
    その際にはご送金予定額、ご希望のご送金方法、ご購入品の送り先をお知らせください。
    折り返しお支払方法をお知らせいたします。

     
  • 現金書留でのご送金は
    〒299-3267
    千葉県大網白里市清名幸谷67-1
    オフィス小枝
    にお願いします。

 

皆さまからの善意は必ず被災地にお届けします。
(3月上旬に寄贈の予定です。)
途中経過、最終報告はブログ上でお知らせしていきます。

ご不明な点はこちらのフォームよりお気軽にお問合せください。
ご協力よろしくお願いいたします。

 

2016年1月13日
おばちゃんのきもちプロジェクト 小枝裕子

 

記事中の被災写真は「走ろう、岩手(被災地へランニング用品支援を)」のランナーけいさまのご厚意により転載させていただいたものです。
けいさま、ありがとうございました。

 

 

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ページTOPへ