ほんとうのひとりごと

記録的な大雨だと言う。

やるせないニュースが私たちを取り囲む。

なんとかがんばろうとするひとびとに

追い打ちをかけるような、と感じてしまう。

 

天を仰いで 降るならここに降れ!

地に向かって 揺れるならここが揺れろ!

と、叫びたくなる。

だけど、

心の中で叫び続けることしかできないんだ。

 

 

2 thoughts on “ほんとうのひとりごと

  1. 山本たまご

     岡山なんて全く揺れない。晴天続き、天災少ない、災害ほぼない。
     平和だからこそ無関心・・・やるせないです。
     いま、助成金等もあてにできないから自分で活動費を、と、岡山で
    バンドフェスを開催してそこで得た利益を被災地へ!と動いてるんですが、
    お役所関係行くけど、まあ!無関心!!!
    「物資余ってるらしいね」なんて半笑いでさ・・・
    こんな離れた岡山からでも風化させない活動も必要だと勝手に思って
    頑張ってます。

     船越保育園の園長先生がお辞めになるとの事・・・
     悔しいです!微力でも力になりたい!と言っておきながら・・・
     いろんなものに振り回されてしっかり活動できてない自分が・・・
     でもフェスの成功に向けてがんばります!
     それが今後の活動を続けられるベースにしたいです!

     ・・・ってわたしもひとりごとでしたw

    返信
  2. Rocco 投稿作成者

    > 山本たまごさま

    こんにちは!
    きっとアクティブに動けば動くほど、いろんなことにぶつかりますね。
    私はここで仕事をしながらの活動で申し訳ないくらいです^^;

    船越の前川先生の涙には本当に重たいものをたくさん感じました。
    でもその笑顔の重さも同時に感じました。
    こどもたちを愛情たっぷりに育む職務を全うされたことに、心から感謝したいと思います^^

    バンドフェスのご成功、心からお祈りしています。
    がんばってね!
    私もがんばる~ぅ♪

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です