ディープバイト。

2か月ほど前から顎関節の痛みに悩まされ治療に通っています。
本人は痛みばかりを気にしていましたが、通っていていくつかの発見がありました。

口がぜんぜん開かなくなっていること。
そしてディープバイトであること。

ディープバイトとは噛み合わせが深く、奥歯でしっかり噛み合わせると下の歯が上の歯で完全に隠れてしまっている状態です。
今まで気にしたことがなかったので、それが生まれつきなのか徐々にそうなって行ったのか自分でもはっきりわかりません。

古い写真を見て確かめようとしていますが、写真嫌いだった私は写真自体があんまりなくて・・・。
先天的なものであれば諦めるしかありませんが、後天的なものならやはり改善が必要だと思うんですよね。

ひとつ言えることは、以前はぜんぜん問題なく

あい~~ん

ができていたのに、今はできなくなっていること。
顎関節症のせいでしょうが、もしそれが完治しても

あい~~ん

ができなければディープバイトが後天的に徐々になったものだったと実証できると思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です