被災地の子供たちに文房具入りバッグを:ご報告6

今日はいよいよ私たちの想いが被災地に向けて出発しました。

私の配慮の足りなさからみなさんにはご心配をおかけしましたが、連日温かいメッセージやメールをいただき、励まされ力づけられてひとつの形ができたことに心からお礼を申し上げます。

今は第一段階に過ぎませんが、無事送り出すことができて少しほっとしております。

いつも理屈だらだらのご報告ばかりなので、今日はあまり言葉をはさまず写真をご覧いただきます。
(眠いからでなく!ほんとに!)

 

仕分けを手伝う ぷぅ

仕分けを手伝う ぷぅ

鉛筆の本数を数えて、色鉛筆を追加して。
足りないものはないかな?違うものが入っていないかな?と、そこそこ働いてくれました。
かわいいものをたくさん見られて、それだけで楽しかったようです^^

 

150個の文房具入りバッグ!

150個の文房具入りバッグ!

女の子用 80個
男の子用 70個

合計 150個のバッグが揃いました!
感無量の一枚。

 

差し入れたち

差し入れたち

本当はもっとありましたが、既にお腹の中に・・・^^;
「少しはゆっくりして」とのメッセージと共にいただいたお茶は手つかず。
今夜これから楽しみます。

 

おっちゃん感激 BLACK★BLACK

おっちゃん感激 BLACK★BLACK

なんと、なんと細やかなお心遣い。
見習いたいなぁ。無理かなぁ。

 

積み込んだ支援物資とおっちゃん

積み込んだ支援物資とおっちゃん

すべて積み込んで、よし!
炊き出し用の紙コップや割り箸やおわん、キャンプテーブルなんかも積み込みました。

 

顔を写されて照れるおっちゃん

顔を写されて照れるおっちゃん

AM0:00ジャスト、いよいよ津軽石小学校に向けて出発しました。
長男と(夜中だから)ささやき叫びで「バンザーイ!」をして送り出しました。

これでやっと、皆さんの想いを乗せてスタートすることができました。
まずはこの段階まで応援してくださったことに感謝します。
ここからはふたりのおっちゃんに託すしかありません。
私も皆さんと一緒に祈る側となりました。

主役は子供たちをふくむ被災地の方々、次に現地で旗を揚げられた有志のみなさん。
おっちゃんたちは縁の下の力持ちであって欲しいと伝えました。

明日は天候があまり良くなく、かなり寒くなるという予報です。
でも、大変なのはおっちゃんたちじゃなく、被災地の方々であることを忘れないようにしたいです。

ひとつご報告があります。

おばちゃんたちのきもちです

おばちゃんたちのきもちです

文房具入りバッグの最後の仕上げに、このようなメッセージを入れさせていただきました。
メールアドレスを入れるかどうかギリギリまで悩みましたが、もし「もっとこんなものが欲しいよ」という要望や「お礼を言いたい」と思ってくださるひとがいた時に、連絡先の情報が何もないのはとても残念な気がして追加しました。
私の仕事は取りまとめと橋渡しなので、ご理解いただければと思います。

「私はおばちゃんじゃないのに!」とか言わないの。
子供たちから見れば、みんなおばちゃん!

昨日もお知らせしましたが、今後も長期にわたって支援を続けたいと思っています。
そのうちプロジェクト名なんかを考えないといけないな、なんてちょっとどうでもいいことを考えるゆとりが今日はできました。

かっこいいのはいやだな。
人間がかっこよくないから。
かっこ悪いのがいいな。

「おばちゃんのきもちプロジェクト」なんてどうだろう。

おばちゃんって、ちょっとお節介でずんずん突き進んじゃう。
周りのひとは苦笑いしながら、でもなんだか知らずに受け取っちゃう。

そんなかっこ悪くて、愛がたっぷりの活動をして行きたいと思います。

あ、また長々と書いちゃった・・・^^;

今は、明日の炊き出しと私たちのバッグが、被災地のみなさんに少しでも何かを届けられることを祈ります。

 

 

12 thoughts on “被災地の子供たちに文房具入りバッグを:ご報告6

  1. cocosuke

    ROCCOさんファミリー、ばんざーい!!
    日本のおばちゃん、ばんざーい!!

    道中の無事を心からお祈りしています。
    本当にありがとうございました。

    今後も宜しくお願いいたします!

    返信
  2. sakuranoa

    ROCCO様 本当にお疲れさまでした!
    そしてありがとうございます!ぷうちゃんも★

    御主人さま・弟様・・どうぞお気を付けて・・

    「おばちゃんのきもちプロジェクト」

    万歳っ!!

    返信
  3. rieriepharma

    ダンナも子供も甥っ子も姪っ子もいないから、
    私、おばちゃんじゃないもん!…なんて(笑)

    でも、届いたバッグを持った子供たちに
    「おばちゃーん!」って言われたら、満面の笑顔になりそう。
    だったらおばちゃんでいいかな、なんて思っちゃいます。
    私の子供の頃の、ご近所付き合いみたいであったかい。

    届けてくださるダンナ様や弟さんも含めて、

    「おばちゃん・おっちゃんのきもちプロジェクト」でもいいなぁ…
    なんて思います。

    ダンナ様と弟さん、無事に岩手に着きますように。
    Roccoさん、ひとまずゆっくりしてくださいね。

    返信
  4. かめきち

    やったー!

    roccoさんも、まずは一安心されたでしょう?
    本当にここまでお疲れ様でした。
    本当にありがとう。感謝でいっぱいです。
    今日の報告はなんだか泣きながら読んでしまいました。

    そして、素敵な手紙を同封してくださってありがとう!
    かばんを作るだけだった私としては申し訳ない気持ちが
    ありますが、それでも子供の笑顔を思い浮かべた事、
    きちんと書いてくださって、本当にすばらしいと思いましたYO!

    印西は晴れてきました。きっと大網ももうじき晴れるかな?
    この天気、早く岩手に届くといいのですが・・・。
    今日の岩手は寒そうですが、炊き出しがよりいっそう喜ばれますね。

    炊き出しを出すダンナ様たちは大変だと思いますが、
    ご帰宅までのご無事を心から祈っています。

    おばちゃんのきもちプロジェクト、バンザイ!

    返信
  5. ひらめ

    おばちゃんはまーったくOKです(^^)
    でも、写真のおっちゃん・・
    さわやかなおにいちゃんですね!
    どうか道中お気をつけて。
    その間、ROCCOさん、少しでもお身体を休めてくださいね。

    返信
  6. AyumiN

    Roccoさん、本当にありがとうございました。
    みなさんの気持ちを預かって、届けるというなんという責任の重さ。
    大変であったと思います。
    また、私にできる事があれば、是非協力を続けて行きたいとおもいます。
    子ども達の喜ぶ顔を想像するだけで、わくわくしますね!
    差し入れなんて、細やかなお気遣いが出来る方がいらっしゃるんですね。私なんてまだまだだなあ、って思いました。
    「おばちゃんからのメッセージ」読んで涙が出てきました。
    素敵なお手紙ありがとうございますね。

    返信
  7. sakuranoa

    今日は冷え込みますね~
    福岡ですが久々子供たちに着込ませました。

    「おばちゃん・おっちゃんの気持ちプロジェクト」
    これもまた いいですね★☆

    子供たちは宝です。
    笑顔が曇ることのないように
    私たち大人が守ってあげたいものですよね。

    御主人さま・弟様 どうぞお気を付けて・・
    ROCCO様も今日はどうぞゆっくりされて下さい。

    返信
  8. Momi

    思いがけず忙しくなってしまい、バッグ送りっぱなしになってしまってすみません。

    職場で発送準備をしていたら、まわりの「おばちゃん」たちも「これも一緒に」といろいろ入れてくれました。「送るって言っていた内容とちがうけど…」と思いつつもせっかくの気持ちを断れず、一緒に送ってしまいました。きっとRocco様なら上手に処分するなり、ほかのセットに組み込んでくださるなりしてくださっていることと思います。

    行き先は困った子のいるところなら、どこでも。
    おばちゃんバンザイです・笑。

    お届け、炊き出しの報告も楽しみにしていますが、まずは一休みされてくださいね。ありがとうございました。

    返信
  9. 小島容子

    お疲れ様でした!!本当にありがとうございました!!
    無事にだんな様と弟様が到着されていますように、、、
    とてもすてきなメッセージカードありがとうございました!
    おばちゃんのきもちプロジェクト、これからも応援させてください。

    返信
  10. りえらん

    Roccoさんファミリーの皆様、本当におつかれさまです。
    第一弾、無事に出発してよかったです。
    子供たちや周りの方々に笑顔が増える活動になるとよいですね。
    気持ちだけの協力でしたが、『おばちゃん』もうれしいです。
    また、次のプロジェクトも決まりましたらお知らせくださいね。
    本業や家庭のことなど、いろいろとお忙しいかと思いますが、体調を崩されませんように。

    返信
  11. Rocco 投稿作成者

    > コメントくださった皆さま

    お世話になります。
    毎度これしか言えませんが、応援本当にありがとうございます。大感激です。
    でも、私が言いだしっぺっていうだけで、ご賛同くださった皆さんの力をいただかなければできなかったことです。
    もし仮に150人分の文房具が用意できたとしても、とっても重要な「手作りバッグ」はどんなに転んでも無理だったのですから。

    第一回の活動によって見えたことがたくさんあります。
    それを活かして、早速第二弾を今夜の記事でお知らせします。
    引き続きご協力くださいますようにお願いいたします。

    #おひとりおひとりに返信差し上げられず申し訳ございません。

    返信
  12. 山本たまご

     お疲れ様です。
     ブログにこちらのリンクと写真を(勝手にw)転載させていただいたので
    報告させていただきます。

     また第2弾報告待ってます。
     もちろんダンナ様の貴重な現地の声なども楽しみにまっています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です