岩手県沿岸部のこどもたちへのちいさなちいさな支援活動

おばちゃんのきもちプロジェクト Studio*Rocco

仙台市泉区からの情報「石巻から帰ってきました」

三陸のこどもたちと夏まつりを!!

仙台市泉区に住む弟と掲示板で連絡を取り合っています。
昨日そのお嫁さんの実家を訪ねるべく石巻市鹿妻北あたりに行ってきた情報を原文のまま転載します。

—– ここから ——–

その惨状たるや・・・。
写真を後ほどRoccoさん経由でアップしてもらいますが写真では語りつくせないものでした。 現場に着くなり疲れつつも瓦礫 の整理をする人々の姿、涙が止まらなくなりました。 本当に情けないのですが、親類に対する対応のみを行いその他は、鹿妻小学校の名簿の一部を写真におさ めるのが精一杯。 鹿妻小学校には1700人もの人たちが避難し一日でオニギリのと300mL程度の水の配給で耐えている状況でした。

渡 波字根岸前の北の端で津波の高さは2M程度で車が流され家屋にぶつかりとどまった状況を沢山見ました。 鹿妻南の北部は自宅の2階に逃げていれば助かった 可能性があります。 が、南部は家屋も押し流された部分もあり逃げ方によれば相当な危険があったと思われます。 鹿妻北の南部は2階に逃げていれば難を逃 れていると思います。 セブンイレブンの駐車場には流された車が積み重なっており1階部分はかなりの水流にあったと思われます。 北部は、うそのように津 波の前の状態で津波の影響はなかったと思われます。

道中の曙は浸水した形跡がなく、蛇田では1M程度の浸水があった模様。 中里あたりでは2M弱程度の浸水があった模様。
住吉あたりでは2階も浸水した形跡がありました。 住吉以南の状況は確認できていません。 石巻大橋から見た漫画館は内海橋に引っ掛かり止ったという感じで津波の威力をまざまざと感じました。

渡波のイオン周辺は万石浦近くで深刻な状況を想像していましたが、比較的被害が少なかったとの情報もありました。 報道ではイオンの屋上に600人孤立との話がありましたが、わりと早めに身動きが取れた状況のようです。

伊原津あたりでは、遺体が見つかっており生存者優先との事から顔にタオルを置いた程度で放置されているとの話がありました。

津波は地震後30分程度の遅れがあり津波を確実に受けると判断するしかないところの住民はいち早く逃げ無事だったと言う話もいくつも聞きました。

軽々しくここに書くのはどうかとも思いますが、陸前高田のような根こそぎの被害ではなかったようです。

現在、石巻大橋は通行可で牧山トンネルの入り口まで携帯の電波が届いています。 もう少しで鹿妻・渡波方面も電波がつながる事でしょう。 電源さえあれば無事の報告も沢山聞けるかもしれません。

—– ここまで ——–

追加情報が入ればまた書こうと思います。

 

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

書いたひと:Rocco 2011年3月18日 13:33 | Comment (0)

おめでとう便お申し出

仙台市泉区からの情報「石巻から帰ってきました」へのコメント

ご意見ご感想をどうぞ





Trackback URL

↑ページTOPへ